Melemedy

すきなことを すきなときに すきなだけ

ひとり


おこんばんわ。
3月になってしまいました。
わぁ。
早い。


またもお久しぶりです。
どうもどうも。

この一週間、ちょっと、寝まくってました。

この前もらったばななさんトークショーの知恵を忠実に生きてしまって、ずーっと寝てました。

そしたら背が伸びました。多分。
久々に会った人との目線が違いました。
寝る子は育つ。
まだ?


季節の変わり目です。ね。
前回書きましたが、風邪を引き、それが完治した頃から、手の指の皮剥けが酷いので、昨日から靴下の量を増やしてみました。
そして、私は小麦粉大好き人間なのですが、どうやら私の体には余り合わないのではないかとふと思い、調べてみたらやっぱりそんな感じで、最近意識的に量を減らしてみたら体が軽くて楽です。


母が、レンジで焼き芋が出来る器具を買ってくれたので、それを使いまくり、毎日焼き芋食べてたのも良かったのかもしれません。

ただ、電子レンジの力をまだ活用してしまうことに少々罪悪感を感じる日々。
それはやめたい。
使うなら楽しく有難く使いたい。

ただ、お芋のお陰で、グン!と血糖値が上がる物を好む傾向が少しずつ収まってきたような。

甘いものの摂取量が減って、嬉しいんだけど寂しいです。
色々食べたいけど、いらない。
いや、以前が食べ過ぎだったのだろうなぁ。





この、一週間くらい、沢山寝て、ねて、寝て。
私はひとりになりました。

仲の良いお友達たちに、わざわざお休み期間を作って欲しいとお願いしたのです。

キチガイだと思いました。
自分を。

私はあんまり友達いないんです。
沢山なんていないんです。

それなのに、お休みさせて下さいとお願いしました。

みんな、優しくて、それを受け取ってくれました。

なんて優しいんだろう。

自分だったら、そんな風に出来ないと思うから。


でも、それでも、
ひとりになる事を選びました。
自分自身に真っ向勝負をかける為に。


そうしたら、見えてきたことが少しあります。

流れには逆らえない

生きるために食べるんだ


このふたつ



昨日、MEMEという私の尊敬する方が作られた冊子を電車で読んで、その後、遠回りして、川辺を歩きながら帰った時、

人生は川の流れなんだ
私は今まで、逆流しようと、力んでいたんだなぁ
と。


流れに乗れば、最後は海に辿り着くんだなぁ。
なんて、美空ひばりさんが散々歌ってきたことが、ようやっと腑に落ちたのです。
流れに逆らわずに淡々と過ごす。
ゆるゆる、固めずに。


そして、その川で、むしゃむしゃ一心に何かを食べる鴨達を見て、
◯◯食べたら血液サラサラ
って思って食べたりしていた時期もあるけど、
生き物は食べるために生きてない。
生きるために食べてるんだなぁ。
と実感。

多分、その時に自分に必要な食べ物は、耳を澄まして、肉体の声を聞けば分かるんだと。


MEMEを読んで、日々私が思う事を思う人もいるんだと、確信出来て嬉しかったのです。

スピリチュアルなんて言葉が無くなる日が来るといい。

自然に生きていたら、
そういうことも、
そうじゃないことも、
分かる、
はず。

でも、その為には、
働きすぎないのがいいと思う。

自分と向かい合って、
穏やかに自分を緩める時間が必要だと思う。

人と比べないのがいいと思う。

でも、それは自分が満たされていないと出来ないから、
まず自分を思いっきり褒めて、許すのが大切だと思う。


ひとりになって、
向き合って、
ぐにぐにと、胸につかえて中々剥がれない昔のかさぶたを、
まだそこにあったのね
と認識する事がようやく出来るようになりました。


もう終わったと思っていたのに、
まだまだ昔の私は悲しかったみたいです。


それを見せてくれるたびに

ありがとう
ごめんなさい
ゆるしてください
あいしています

の魔法の言葉を唱えます。


気になる人は、ホ・オポノポノで検索したり、本を読んでみて下さい。





今日、

音楽室のような場所で

グランドピアノの周りに人が集まって

合唱をしているという夢を見ました。

その響きはなんとも美しく、
メロディも優しくて、

私は今までこんなに綺麗に歌えたことがないというくらい美しいハイC(高いド)が出てみんなが沢山沢山褒めてくれました。


私は褒められたかったのだと思います。

こどものころからずーっと褒められてきた歌を歌って、
でも、
広い広い世の中ではそんなに評価されなかったから
それが悲しくて


だから、夢で褒めてもらったんだと思います。

なんて悲しい!(笑)

だから、これからは現実でも褒めてあげようと思います。
私だけでも。

あれ?悲しい?


なんだかなんともまとまらないブログになってしまいましたが、
今日はこんな感じで。


これを読んでくださった全ての方が
楽しく幸せな日々を送れますように


雨の日にお勤めされてた皆様、
ご苦労様でした。