Melemedy

すきなことを すきなときに すきなだけ

cocoon


※この記事はネタバレが少し含まれておりますので、これから鑑賞予定の方はご注意ください。







こどもの頃
真っ青に晴れた日
あれは夏休みのプールに行っていた頃

高い高い空に
飛行機が飛んでくる音がすると

あそこから爆弾が落ちてきたらどうしようと
いつもいつも心配していた

夏の昼間はジリジリと暑くて
通学路には誰もいなくて
私だけ爆弾に当たったらどうしようと
いつもいつも不安だった


その気持ちを
cocoonを見た後に
思い出した



私はcocoonのオーディションを受けるつもりだった
その為に今日マチ子さんの原作も読んだ

ふんわりしたタッチの絵なのに妙にリアルさを感じて、
怖くて怖くて何日かずっと変な夢をみていた

どうしてもオーディションが受けられなくて悩んで悩んで泣いて泣いて辞退した

情けないことに
セリフどころか
履歴書すら書けなかった


cocoonのチケットは気づいた時には売り切れで、
じゃあ見られない、仕方ないとちょっとホッとしながら思っていた

でもある時から
どの媒体を見てもcocoonが迫ってきて迫ってきて、目を背けたくても逃れられなかった

私の誕生日の日
観念して、当日券に並んでみようと思い立ち
全ての役者さんとスタッフさんと演出家の方の
命をギリギリまで使い尽くした
正に命懸けの作品を見た


「本当は誰も死にたくなんてなかった」


人は幸せになる為に生まれてきたのに
誰かを殺したり
苦しめる為に生まれてきてなんかない


こんなに何年も、それこそ戦後70年間ずっと、戦争は二度と起こしてはいけないと、沢山の方々が様々な方法で訴え続けているのに

それを踏みつけて粉々にするようなことはしないでほしい。



誰も戦争で死にたくなんてないし
誰も戦争に行かせる為にこどもを生んだりなんてしない

戦争で儲けたお金には
ずーーーっと返せない借金が付いてくるって知ってるのでしょう。

地球上で一番新参者の人間が
礼儀を忘れて調子に乗り過ぎたらどうなるか
考えられないほど
退化してしまったのか…


私は愛と光と平和に溢れた地球を希望します

地球上全ての生き物が
寿命を全うできる世界を希望します

cocoonの感想を言う言葉がどこを探しても見つからなくて、
時期外れの
こんな遅くになってしまったと思っていたら
結局時期はドンピシャになってしまった


私は祈るしか出来ない小さな小さな存在だけど
祈ることは出来るから
平和を
祈り続けます