Melemedy

すきなことを すきなときに すきなだけ

Melemedy を始めようと思ったわけ

お久しぶりです。

東京は梅雨入りしましたねー。

もう6月も半分が過ぎようとしていて、時の経つのは本当に早いものでございます。

 

そして更新なくとも覗きに来て下さる皆様、本当にありがとうございます。

感謝の気持ちでいっぱいです。

もう少し更新頻度を上げられるように頑張ります!

 

 

さて、今日は何で私がMelemedyを始めようと思ったのかを書きたいと思います。

 

私がボロカスになった歴史はこちらから読みたい方は読んで下さい(笑)→http://chihiro9.hatenablog.com/entry/2016/05/04/200405

 

 

ボロカスかすになって、

それでもやっぱり生きていたくて、

何とか這い上がって、

幸せな出逢いに次々と恵まれた頃、

今の歌の師匠に出逢いました。

 

元々、ある年齢を越えたら(吉田羊さんが大好きだもんで、年齢非公開風にしてます)教えを始めようとぼんやり思っていたのですが、

その師匠に逢って、レッスンを受け始めた頃から、「私が今まで学んだ事、歌だけでなく瞑想やらなんやら全部まるっと使って、更にボロカスになった経験も使って、歌い方を伝える事が出来るんではなかろうか!」

と思い始めました。

 

決め手は歌の師匠とのレッスン中に

「歌うことって発散する事だと思うんです。

そして発散する事って、解放する事だと思うんです。」

と私が話した時、師匠が「その通りだよ!!」

と言ってくれた事です。

 

発散だろうが、解放だろうがどっちでもいいし、

それは歌でなくてもいいんです。

人によって、ランニングだったり、ダンスだったり、お裁縫だったり、何でも素敵だと思います。

 

でも私にお手伝いが出来るのは歌う方法を伝える事だなって思ったんです。

 

 

私のレッスンの目標は全員違うんです。

私が決めるのではなく、受けて下さる方に設定して頂いてます。

 

●○○という曲が歌えるようになりたい

●カラオケで上がらないようにしたい

●賛美歌が歌ってみたい

●歌う事を好きになって自信をつけたい

●大きい声が出せるようになりたい

 

全部素敵で、素晴らしい目標だと思います。

 

今私が持ち合わせている全ての知識と経験を総動員して、目標達成に向かって併走したいと思っています。

 

 

私のレッスンを受けてくれた役者仲間の子は、自分の声や体に向き合うことは心地よいことなんだと言ってくれました。

 

その心地よさを、受けて下さる方全員が体験できるように、そして少しでも楽に、楽しく、自分の体と声を愛してもらうきっかけになったらいいなぁと思っています。

 

歌を通じて、人生が楽しいと思える瞬間が増えたらいいなぁと思ってMelemedyを始めました。

 

 

でも私もまだまだ自分の声と体を愛しきれてはいないと思うので、私も引き続き学び、愛します。むふっ。