Melemedy

すきなことを すきなときに すきなだけ

レイキこぼれ話

ちゃんとした更新は後でします(笑)

 

レイキこぼれ話。

なんかもう、見えない世界の事、もりもり話してしまおうかなーって思いました。

変人は何をやっても変人です。

隠しきれない変人。

もういい!

変人に磨きをかけて生きてやるっ!

 

あっでも幽霊は見えないですよっ(笑)除霊は出来ないですよっ(笑)

 

 

そんなこんなでレイキこぼれ話。

 

今朝、最近のへろへろを癒すべく自分レイキヒーリングをうつ伏せになってしていると、

ぼわわーんと大きな手が腰をサポートしてくださる……?

 

おぉ!

ありがたや!

 

あったかーい♡

第三の目ならぬ第三の手…。

便利…(えっ)

 

そこで

 「あなたはお名前なんてーの?」

 

と聞いてみる。

すると…

 

 

く、くまのみ…です。

 

とのお答え。

 

 

くまのみ…?

 

 

くまのみ…?

 

 

 

えっ?

これ?

 

f:id:chihiro9:20161027113605j:image

 

えっらい小さいけどもー!!

 

桑の実だったのかなー?

桑の木だったのかなー?

聞き取り失敗したかなー?

と思っていると

 

くまのみだと主張される…。

 

手の感じとしては、もののけ姫のディダラボッチ的な感じだったのだけどなー。

 

でもまぁ、くまのみの何かさん、ありがとうございましたm(_ _)m

 

お陰で腰が軽やかです(笑)

 

 

♪こぼれてこぼれて、レイキこぼれ話(お好きな節で歌ってください)

 

どーでもいい内容ですいませんっ!

また後ほどちゃんとしたの更新しまーす(笑)