Melemedy

すきなことを すきなときに すきなだけ

どくだみちゃんとふしばな

f:id:chihiro9:20161116174846j:image

 

なんとも言えない気持ちになって、

動揺して、沢山ミスをして

更に落ち込んで、

悲しくなった時

 

避けたいけど避けられない別れがって、

身体が千切れそうになった時

 

誰に話せる内容でもなくて、

ひとり耐えることがわかっているけど、

それでも何かに寄り添って欲しい時

 

 

私の側にはいつもばななさんの本がいてくれた。

 

そんなばななさんがnote というサイトで、有料連載をしている。

 

 

時に、人生は、波の中で、

とてつもなく悲しいことがあって、

でもそれは相手にとっては些細で、

きっと気にも留めていないと分かる。

 

でも、

私は、

言葉の選び方一つ一つに、

その人を見てしまう。

 

そうやって、

なんでもないと思われる言葉の端々、

視線、呼吸のリズム、

そういう事を

一瞬のうちに感じ取って、

受け取ってしまう。

 

今の仕事にとって、

それはとても大切だから、

殺さないように、

麻痺させないようにするけれど、

時々

ふぅっと溜息をつく。

 

 

ばななさんの文章は

わたしの生きるリズムにぴったり合う

 

そういう人が世界中に沢山いるのなら

世界中に友達を作るというわたしの夢は

満更夢ではないのかもしれない

 

 

ばななさんが書いてた。

あなたの文章はきれいでリアルだけど軽いって言われたって。

 

 

この一文を読むと、毎回涙が出て来てしまう。

 

軽いって何なんだろう。

軽やかだとは思う。

辛い時に、辞書を片手に読まなきゃいけない文章なんて読めない。

 

ばななさんの文章にどれだけの人が助けられているとお考えか?

あなたは!

この本たちが無かったら、明日を進めない人の気持ちを考えたことがござろうか??

 

わたしが武士なら、

相手を正座させ

右手に刀を持っているところだわ

 

よかったね

武士じゃなくて。

 

 

いや、

そいで

昨日もばななさんのnoteの更新があって、

なんてタイミングがいいんだろう!

なんてぴったりなテーマなんだろうって思った次第です。

 

 

人と比べるとき

落ち込む時

食べる量が増えた時(人によっては減った時)

明らかに自己ヒーリングが足りないんだと、

ばななさんの文章を読んで気付いた。

 

 

そしてひたすらにレイキを流し

身体に謝り

ゆっくり寝たら元気になった。

 

悲しい時は休めばいい。

勿論会社を無断欠席とかって事ではなくて(笑)

出来るところまでやって、

後は任せて寝てしまえばいい。

 

 

あぁ、これもばななさんの本に書いてあったなぁ。

 

憧れていたばななさんの本の中の世界に、近づけているのかもしれない。

 

この忙しない、今の日本でそれが出来たなら、

わたしはどこでも大丈夫だわ。

 

 

ここに今のリアルなばななさんがいらっしゃいます。

どくだみちゃん と ふしばな|吉本ばなな|note