Melemedy

こころとからだを調律する Music reiki therapy

パタパタシネマ

https://www.facebook.com/patapatacinema/

 

この前の水曜日、大学時代のバイト先の先輩、幸恵さんが主催で開かれた映画の上映会に行ってきました。

 

あー…名前…Facebookに出してるからいいかな。

いっか!(←おい)

 

幸恵さんは私の芝居を観にきてくださったり、素敵なコンサートに誘ってくださったり、

なんだかさらりと私と関わってくださる、でもとても可愛らしくて先輩感がいい意味で無い、素敵な方です♡

 

上映される映画は『365日のシンプルライフ』というフィンランドのドキュメンタリー映画で、断捨離ブームだった私はずっと観たかったのに観そびれていた映画で、

タイミングが良かったのも相まって、行ってきました😊

 

ご存知の方も多いと思うのですが、

主人公で監督のペトリさんが、物との付き合い方を考えるために、自分の持っている持ち物を全て倉庫に預け、

1日一つずつ、必要なものをその倉庫から持ち出し、

それを1年続けるという作品。

 

何も無いから、最初は真っ裸なんですね(笑)しかも冬。

お腹壊すなーって思う(笑)

裸で、倉庫に向かうんだけど、

これ途中で見つかったら逮捕されちゃうのかなー?

まぁ捕まらないんですけどね😁

 

んで、ネタバレになっちゃうから、映画見たい人はこの先読むのやめてくださいね♡

 

ペトリさんが一番悩むのが携帯電話との付き合い方。

持つ事が当たり前の友人には、電話を持たない意味が分からない。

パソコンのメールは使うのに携帯は持たない。

直ぐに連絡がつかないから、揉めるわけです。

 

携帯電話のことは、本当に先進国共通話題かもっ!

私も一時期すんごい考えました。

持ってるとついつい見ちゃうのねー。

 

でも、あると便利はなくても平気なのよねー。

 

ただ、恩恵は受けているし、

私は自宅や事務所で仕事をするのではなく、移動がとにかく多いので、携帯を手放すということは辞めたけど、いつでも手放せるかなぁとも思います。

 

大切なのは依存せずに共存することかな。

 

 

 

で、上映会の後、参加者の皆さんが不要になった本を持ち寄って、交換会をするという事もしたのですが、

私が持って行った本、よくよく読み直すと、

「これ!あたいに今必要やーん!!」

ということが判明。

 

出先だったので、代わりの本を用意する時間もなく、

そこだけ不参加でと幸恵さんにメールしたら、

「私が多めに持ってきてるから、ぜひ参加してね」とのこと。

 

うわーん😭😭😭

優しい…😭😭😭

 

で、ちゃっかり頂いてきました(←おい)

 

でも、上映会の前に考えていた事が、そのままテーマになってるような本に出会えて、

何このシンクロ!最近の私怖いっ!!

 

って思いました。

 

本当にありがたい…🙏✨

大切に読みます…🙏✨

 

 

映画でも言っていたのだけど、

幸せはモノで出来てない。

人生を豊かにするためにモノがある。

 

本当にそうだなぁー。

ストレスを発散するためにモノを買う。

お金を使う。

 

それって、

やっぱり買われたモノたちも可哀想だし、

使われたお金にも申し訳ない。

 

企業は買わせたいから、あの手この手で買わせるように頑張るし、

時にはそれは大切な情報源でもあるのだとは思うけれど、

お金を使わなくても楽しめることは沢山あるし、

モノが沢山なくても、豊かには暮らせる。

 

何を持って、どう生きるか。

やっぱり所有には責任が伴うから、

ずっと大切にできるものと過ごしたいなぁと思います。

 

 

って、マジメっ!

マジメかっ!

マジメにたまには終わろうかなー。

 

そんなこんなで、最後までお読み頂いてありがとうございました♡

愛と光を込めて🙏✨