読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Melemedy

Melemedy 千尋のページです

うつのこと その1

hibi

先日twitterで、しいたけ占いのしいたけさんが、うつ症状のことを書いてくれていて、

なんか、

すごく、

ほわぁと柔らかくなったのです。

 

と言うのも、

私もいっとき、うつになって通院してたことがあってですね、

 

被害者意識シリーズ(シリーズて。)で書こうと思ってたんですが、

なんか、

これはこれで独立させようかね、

と思って書いてみます。

 

過去にも書いてたかもしれないのですが、

私は前に書いたもの殆ど読まないので、

被っていたらごめんなさい。

 

だってさー!

大変だったからっ!

何度も書いて元取ろうとっ!(笑)

 

 

 うつの話ですが、すこぶる明るく書こうと思います(笑)

えっと、

私がうつになったのは

大学3年の春休みです。

 

私は音大で声楽を学んでいました。

 

私の担当の先生の方針か何か分かりませんが、

私が3年になった途端、

ものすごく教え方が厳しくなりました。

 

キツくなりました。

 

パニックです。

今までと全然違うのです。

一声歌えば「違う!!」と言われ

もうパニックです。

ワニワニパニックです。(昔遊んだな〜。あのワニの歯をガチャンと押すやつね)

 

意味が分かりませんでした。

 

でもここが私の悪いところ。

 

「苦しんで苦しんで、苦しみに耐えてこそ!上手くなるんだわー!認められるんだわー!!」

 

んな訳あるかいっ!

 

ありえません(笑)

 

歌うときには力をどれだけ抜けるかが大事。どの本にも書いてあります。

 

もう怒号で、ガチガチです。

力抜けるかーい!!(笑)

 

一声歌って「違う!!!」

何度歌っても「違う!!!!!」

 

怒号の嵐。

めっちゃキレる先生。

 

「何が違うか分からない」と、私は言えなかったんです。

怖くて。

これ以上嫌われたら卒業出来ないんじゃ?と。

 

そんなこと絶対ありません。

転換して先生を変更する権利を生徒は持っています。

 

そもそもむちゃくちゃ高い学費を払って(親が)そのお金で先生たちは暮らしています。

 

生徒はお客さまです。

 

甘やかせと言っているわけではありません。

 

でも、生徒を病気にしたら、なにがどうあれダメです。失格です。

 

私が逃げれば良かったのも事実です。

 

でもねーーーーーーーーー!

逃げらんなかったのよーーーーー!

 

中退…?って言葉がチラついたのです…。

(中退が悪いとかではなく、私の中で卒業はマストだったのです。)

 

怖かった。

怖くて、同じ門下の先輩にしか実情は言えなかったなぁ……。

親とかには言えなかった。

 

 

通常うちの学校では声楽のレッスンは週1なのですが、3年から先生熱心で、週2日レッスンしていただいてたんですよね。

 

週2日毎分怒号×4週×12ヶ月=うつ病

 

です。

 

 

あったりまえだろ!

って、今なら思えます。

 

今なら本当そう思います。

 

でもね、

結構芸術系の大学とか、ありがちなんですって。

 

あかーーーん!!

 

育てる気ゼロだろっ!

って思います。

 

あぁ、積年の恨みが。

チラホラ見え隠れ(笑)

クリーニングしきれてないな、まだまだや。

 

なんか長くなっちゃったので、

若かりしころのちひろさんが、どうやって復活したのか、

それはまた明日書こうと思いまーす!

 

 

お知らせは今日は割愛しますっ!

(いや、なんか、うつのこと書いといて、Melemedy来てくださーい!ってのも何か違うかなって。不思議すぎるかなって。笑)

 

それではみなさま今日も良い1日を♡

最後までお読み頂きありがとうございました😊

 

愛と光を込めて🙏✨