読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Melemedy

Melemedy 千尋のページです

バレンタインデーなので…

hibi

みなさまおはようございます🔅

Melemedyのちひろです🌻

 

今日はバレンタインデーなので、

バレンタインにちなんだ話を書きたいと思います。

 

 

さて、昨日カレンダーの今日の日付に

『バレンタインデー』

と書いてあるのを見て、ふっと思ったのです。

 

 

私が今働かせて頂いてるチョコレート屋さんは、

日本で初めてバレンタインデーにチョコレートをあげるということを始めた会社だと言っています(が、諸説ありです。笑)

 

フランスではバレンタインデーなる日があり、

その日にはお花やお菓子、カードをあげるという風習があると会社の方が知り、

チョコレートの販促にと始めたのがきっかけだそうです。

 

ただ、当時はバレンタインデーに対して全く認知がなく、売れたのはチョコレートがたった3枚とメッセージカード1枚だけだったそうです。

 

 

どうやってチョコレートを売るべか(べか?)と考えた社員さんは、

バレンタインデーにチョコレートを送って、

愛を告白するという謳い文句を始めたそうです。

 

 

 

 


『恋する女の子を応援したい』

 

 

 

 

 

 

勿論これは会社の戦略です。

チョコレートを売るための作戦です。

 

 

 

でも私は、

応援したいって思う気持ち、

絶対にあったと思うのです。

 

 

今から50年以上前、

女の子から告白するって、

今以上にハードルが高かったって思うのです。

 

だから、そういうイベントに力を借りて思いを伝えた方、

多分沢山いらっしゃると思うんです。

 

 

最初3枚のチョコレートから始まったイベントが、

徐々に認知度を増して、

今では国民的行事になって、

カレンダーに載っている。

 

バレンタインデーを始めた社員さんは、

こんな事になるなんて、

多分

思ってもみなかったって思うんです。

 

 

で、

何が言いたいのかっていうと、

私は今、まだチョコレート3枚なんです(笑)

 

あっ!カレンダーに載りたいとかじゃないですよ?(笑)

 

Melemedyを始めて、

まだチョコレート3枚なんです。

 

だから、正直悩むこともあります。

がーんとなる事もあります。

 

でも、

Melemedyを始めてから、

自分にはまだまだ沢山ブロックがあったんだと気づけました。

 

それは、

そのブロックが少しずつでも外していければ、

未来が変わるという可能性だとも思えたのです。

 

立ちはだかる壁は、

高く、巨大に見えます。

 

でも、横から覗いたら、

厚みは薄いかもしれません(笑)

 

よじ登るのではなく、

さらりと横から歩くという手も、

あるかもしれません。

 

もしかしたら、

その壁すら、

私が生み出した幻想なのかもしれません。

 

バレンタイン。

今ではなんだかお中元のような、お歳暮のような感じになっている部分もありますが、

 

私は何だか、

カレンダーの『バレンタインデー』の文字に、勇気をもらったのでした。

 

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました♡

 

素敵なバレンタインを💕

愛と光を込めて🙏✨