Melemedy

すきなことを すきなときに すきなだけ

断るということは相手を信頼するということ

昨日一昨日更新できずにすみませんでした。

お腹壊しました。

とほほ。

 

説得力に欠けますが、みなさまも寒い季節お身体ご自愛くださいませね♡

 

 

 

そして、

今日の題名のことなんですが、

 

先日のママ照らすの時に、お越し下さったお客様にお伝えしたことで、

あぁ、ブログでもシェアしたいなぁと思ったことなんです。

 

 

そのお客さまは、心が優しくて、相手の気持ちを読みすぎて読みすぎて疲れてしまう、そんな方でした。

 

 

私も優しいんで分かります(←おい!笑)

 

 

こう言ったらこう思われるんじゃとか

断ったら傷つけてしまうんじゃとか、

困ってしまうんじゃないか、

とかね。

 

思うんです。

 

優しい我々は(笑)

 

 

でも、

私、

今回のバレンタインの時に、

全部教えるって、

相手を信じてないって事なんじゃないかな?って思ったんです。

 

 

一人で、何十人もミスしてないかチェックするって、相当ハードです。

 

で、疲れて結局私がミスしたりして。

本末転倒です。

 

 

私、

無理だなって思って、

信頼して放置したんです。

 

 

で、本当にいいなと思う時に、相手を褒めたんです。

 

そうしたら、褒められた子達、みんなに

「ちひろさんに褒められると凄い嬉しいです!!」

 

って言ってくれて、

益々仕事頑張ってくれたんですね。

 

どんだけ最初私が怖かったんだって事はまぁ置いておいて(笑)

 

 

 

これ、

断ってないって思うじゃないですか。

 

 

でも、

自分で自分に課した、高すぎる仕事要求を断ったんです。

 

 

あの子たちは出来るから、

お断りします。

 

って。

 

 

これ、いろんなことに応用できるなって思って、

ママ照らすに来てくださったお客さまにもお伝えしたんです。

 

 

『断るって、相手を信じることなんです。自分が出来ない時断るって、相手を信じてないと出来ないんです。

だから、断っていいんですよ♡』

 

 

って。

 

 

これが腑に落ちてくださったのか、

目がぱぁぁっと開いて、少し元気になられてました。

 

 

頑張ってる方って、

仕事出来ちゃうんですよね。

 

甘えられないの。

 

私も(笑)

 

でも、

仕事ってチームです。

って言ってました

CMで(笑)

 

 

自分がやり切れない範囲を、

相手にお願いする。

 

逆に自分に余裕がある時は、

相手に手伝える事はないか聞いてみる。

 

 

なんか、

そんな当たり前のことが

難しくなってきてるのかなって

自分を見ても思います。

 

 

楽しくないと、続かないですもんね!

 

 

なんでも、

楽しくないと。

 

 

おっ!じゃあダイエットも楽しくしたら続くのかな?

うーむ。

考えてみよう(笑)

 

 

いいの考えたらまた報告します(笑)

 

それでは、

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました😊

 

愛と光を込めて🙏✨