読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Melemedy

好きなことだけして生きてるコロポックルのお話☘️☘️☘️

綺麗になりたかったんだと気付いた

 

最近更新出来なかったので

今日は二回更新です♡

 

 

なんかいつものフォントが小さく感じて、いつもより大きくしてます。

 

読みにくかったらごめんなさい🙇‍♀️

 

 

 

なんか変わったのかな?

 

人間が大きくなったのか?

はたまた老眼か?(もう?)

 

 

 

いやぁ、それにしても

元気になるってありがたい!

 

身も心も元気だと

モリモリ書きたいことが生まれますっ!

 

 

 

やっぱり

心と身体の健康が第一にゃっ!🐈

 

 

 

 

ということで

今回は不思議なことは書きませんよー(笑)

 

 

 

私の覚え書きですが

お付き合い頂けたら嬉しいです♡♡

 

 

 

 

 

突然なんですけど

 

 

自分の女性性

 

 

やっぱり受け入れられてないなって

 

 

思ったのです。

 

 

 

それと同時に

 

受け入れたいんだな

 

って思ったのです。

 

 

 

 

前にも書いたのだけど

お洒落とかメイクとか美容に関することだけ

後は恋愛の話だけ

 

 

って人が正直とっても苦手でした。

 

 

なんか、劣等感を感じたのです。

 

 

私はそんなにファッションや

メイクや、恋愛に

人生の重きを置けないなぁー。

 

 

女らしくないんだなー。

 

 

 

結婚にも出産にも興味ないしなー。

 

 

 

 

 

って。

 

 

 

 

 

でも

それって

 

ものすごく

自分の中での偏った考え方で

 

偏見で

 

 

 

 

仕事に重きを置いてる人でも

自分の女性性を愛している人

きっと、やまほどいます。

 

 

 

 

 

そして

そういう劣等感持っている時って

 

 

 

他者を物凄くジャッジしてるな

って

 

気付いたんです。

 

 

 

 

 

 

私がね(T-T)

 

 

 

 

 

 

道行く人を

「あの人オシャレ!」

「あの人ダサい!」

 

 

「あの人綺麗!」

「あの人の化粧変!」

 

 

 

とかって。

 

 

 

 

ジャッジしてる時って

 

他者をジャッジしてるようで

 

自分を裁いているんですよね。

 

 

 

 

 ジャッジする度に

 

「私はダサい。私はブサイク。私は化粧が下手。私は肌が汚い。」

 

 

 

そういうレッテルを

バシバシ自分に貼ってる行為なんですよね。

 

 

 

 

それって

 

 

しんどいなぁ…。

 

 

 

って

最近改めて思って。

 

 

 

私は世間一般で言われる美人じゃない。

モテ期はおそらく晩年だろう。

 

 

でも

 

 

この世界に

たった一人の人間だから

 

 

 

それだけで

私はとっても価値があるのに

 

 

 

なんか

 

 

私が私をブサイクだなんて

 

 

 

 

可哀想…(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

 

 

うぅぅ(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

 

 

 

って思ったんです。

 

 

 

 

 

私はずっと

 

 

 

『こんな見た目の私が

ファッションだの美容だの

そんなこと言えるレベルじゃない。

 

ブサイクはそれなりの服で

それなりの化粧で

それなりでいいんだよ。

 

 

分不相応な格好して

誰かに悪口言われて

傷つくのもう嫌だよぉ』

 

 

 

 

って思ってました。

 

 

 

役者って比べられる仕事だから

 

自分は自分を比べないようにしようって

 

思っていたけど

 

 

比べて

ジャッジしてましたね。

 

 

 

たくさん。

 

 

 

 

たくさん。

 

 

 

 

 

 

 

 

テレビに出ているような

 

美人であること

 

 

 

 

女は全員そこを目指して

 

美しくあること

 

 

 

 

それがなんとなくの通説のように感じて

 

 

 

でも

本当は

 

その人が

 

 

その人自身に嘘を付かずに生きている人が

 

 

 

本当に美しい人だって

 

 

知っていたし

 

実際見てもいたのに

 

 

なんとなくの通説を

ずっと引きずって

 

ジャッジして

 

 

いじけてました。

 

 

 

 

 

こんな私が綺麗になりたいなんて言ったら

 

 

「恥を知れー!!」

 

 

 

と卵でもぶつけられるんじゃないかって(んなわけない)

 

 

そう

思ってました。

 

 

 

 

でも

 

 

ここ何日かで

 

 

 

『あたい!

自分が納得するまで

綺麗になったらええやん!

とことん!

やってみよう!!!』

 

 

そんな風に思ったのです。

 

 

誰に何て言われてもいい。

 

 

 

自分が着たい服を

着たいときに着て

 

なりたい体になって

 

 

ツルツル肌を手に入れて

 

 

そいで

 

私が

この地球での人生を

むちゃくちゃ楽しもう!!!!!

 

 

 

売れる売れないとか

 

ほんとどうでもいいやっ!

 

 

 

むちゃくちゃ楽しもう!!!!!

 

 

 

と決めたのでした♡

 

 

 

 

そしたら

あんなに止められなかった

アイスとコーヒーが

 

 

するっと

止められたよ。

 

 

 

でも、無理なダイエットはダメですよ!

 

 

自分のなりたい体を

きちんと設定することが

成功の秘訣だと思ってます。

 

 

 

成果が出たら

また書きますね♡

 

 

 

 

可愛くなりたい

綺麗になりたい

 

私もそう思っていいんだって

 

 

今さらながら

ガッチリ

納得できたのでした…♡

 

 

わたしは

わたしに嘘を全部付かずに

 

 

可愛く綺麗に

楽しく

幸せに生きます♡♡♡

 

 

 

はー…♡

ワクワクするなー…♡♡

 

 

楽しみだー♡♡♡♡♡♡

 

 

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました♡

 

 

特大の愛と光を込めて🙏✨