Melemedy

すきなことを すきなときに すきなだけ

導かれて🐉〜三輪山登拝編〜

 

こちらの続きです♡

 

導かれて🐉〜名古屋編〜 - Melemedy

導かれて🐉〜三輪山編〜 - Melemedy

 

 

 

緊張マックスのまま登拝口に向かいます。

 

 

あたたた!

砂利が痛い!!

 

 

もう既に泣きそうです(T ^ T)

辞めたい。

靴履きたい。

 

 

 

でも辞められません。

その時の登拝客は私のみです。

 

ガッツリ受付のみなさんに見られてます。

 

 

チキンだと思われてしまう。

 

 

チキンのくせに、小石の様なプライドを見せて

痛くないふりをして歩きます。

 

 

 

登拝口にある御幣でお清めをし進みます。

 

 

 

三輪山はお山そのものが神様なので

撮影は禁止です。

飲食も水分補給以外は禁止です。

 

 

 

基本的には座るのも禁止とブログには書いてありました。(頂いた案内図にはその旨の記載なし)

 

 

緊急の連絡先が書かれた標柱が全部で九つあるので

それを目標に進むことにします。

 

 

目指すは高宮神社です。

(今よく案内を見たらもう少し上も行けたみたいです。ががん。)

 

 

 

登拝口から進むと、小さい砂利?実みたいなものがチクチクして

 

私にはチクチクレベルじゃなくて

めちゃめちゃ痛いです。

 

 

痛くて泣きそうです。

もうしんどい。

 

 

 

えー!(T ^ T)

裸足ってこんなに痛いのー!?

 

 

と面食らいます。

 

 

 

痛さと足を切るのではないかという恐怖

害虫に刺されるのではないかという不安で

身体が強張ります。

 

 

 

受付をすると参拝証の襷をお借りするんですが

そこには鈴が付いていて

 

私が歩くと鈴がリンリンなります。

 

 

途中、SASUKEに出てるのかな?

っていうくらいのスピードで登っていく女性たちに何人も抜いてもらいました。

 

リンリンという鈴の音が

あっという間に去っていきます。

 

すれ違った女性はほぼ裸足でした。

 

 

裸足の女性たちが力強く登っていくので

とても勇気付けられます。

 

 

 

一歩一歩歩くごとに

痛い痛いと心の中で言ってしまう状態が暫く続くと

 

三光の滝という滝が現れます。

 

 

修行の為の滝なので入れませんし

お水も飲めません。

 

 

ただとても真っ直ぐな

美しい気を感じます。

 

座っていいよ!という気配満々の小屋があるのですが

意地で座りません。

 

 

 

一瞬ここが山頂!?

とワクワクしましたが

標柱の数字は3番(T ^ T)

 

 

まだまだです。

 

 

かなり汗もかき(冷や汗を含む)

日頃の運動不足を嘆きながら

進みます。

 

 

 

その滝を超えた辺りから

チクチク軍団がいなくなり

しっとり土さん達に覆われ

かなり歩きやすくなります。

 

 

ただ、木の根がびっしりで

足の踏む場所をしっかり考えないと

結構痛いです。

 

 

慎重に歩みを進めます。

 

 

 

この頃には、斜面の急さで息も上がり

足も痛いし疲れて

余計なことが考えられなくなってきます。

 

 

身体を使いながら瞑想している感じがします。

 

 

 

私はハワイに伝わる浄化の方法で

『ホ・オポノポノ』というものを実践しているのですが

 

 

その中に4つの言葉

『ありがとう・ごめんなさい・許してください・愛しています』

 

という言葉を使ったメソッド(?)が出てきます。

 

 

 

クリーニングしたいからという訳ではなく

 

 

何だか分からないのですが

 

 

その辺りから急に

人間が今まで犯してきた

あらゆる罪を謝りたくなったのです。

 

 

 

人間が争って、地球を壊してきたせいで

絶滅した動植物が山程います。

 

 

 

その一つ一つに謝りたくなったのです。

 

 

 

一歩一歩進むごとに

 

「ごめんなさい。ごめんなさい。」

 

と声に出して言い続けます。

 

悲しい気持ちが心を覆い

申し訳なさでいっぱいでした。

 

 

謝りながら暫く歩くと

その後何故か赦しを乞うようになります。

 

 

「許してください。許してください。」

 

 

と一歩一歩声に出しながら進んでいきます。

 

 

私たち人間が大地を、川を、海を、空を汚して

沢山の命を殺してきたこと

 

そして

その事実からの学びが少なすぎること

 

どうかお許しください。

 

 

 

この辺りは木が鬱蒼としていて
かなり暗く
足元もぬかるんでいて

ずっと謝りながら歩きました。

 

 

 

 

しばらく謝り続けると

そのあとなぜだか

「ありがとう」

 

 

と言いたくなりました。

 

 

こんなに地球をめちゃめちゃにして

それでもまだそれに気付かず

争い

地球を破壊する施設や武器を作り続け

何も学ばない人間たちを

 

 

まだ住まわせてくれている

懐の深過ぎる地球と

神様たちに

 

感謝を伝えたくなりました。

 

一歩一歩

「ありがとう。ありがとうございます。」

 

 

と言いながら登ります。

 

 

感謝で胸がいっぱいになり

心なしか足の痛みも和らぎます。

 

 

 

 

 

そしてその後突然

 

 

やっぱり

 

この世界は愛で出来ているんだ

 

 

という確信を得ます。

 

 

 

アミで読んだ通りだったんだ!

 

 

 

神さまは愛で

宇宙も愛で

この世界は愛しかない。

 

 

愛しかないんだ!!!

 

 

という確信。

 

 

 

根拠も理由もありません。

 

 

ズキューンと身体をその事実が貫きました。

 

謝って

赦しを乞うて

感謝したら

 

 

『愛しています』

 

が自然と

沸き起こったのです。

 

 

 

愛しかないんです。

 

 

 

 

本当は

 

この世界は

愛しかないんです。

 

 

 

その事が分かった瞬間

涙が溢れて止まりませんでした。

 

 

 

裸足で登れと言われた意味が

分かった気がしました。

 

 

 

泣きながら

一歩一歩

 

「愛しています。愛しています。」

 

と言って登ります。

 

 

 

心が温かく、ピンク色に包まれて

柔らかな風が応援してくれます。

 

 

 

涙と汗でぐちゃぐちゃになりながら登っていると

 

 

 

突然ぽっかりとした場所が現れます。

 

 

 

 

私はふと

 

 

『ステージだ』

 

 

と思いました。

 

 

 

その場所だけ

まるでスポットライトのように

太陽の光が

まあるく照らされています。

 

 

 

途中何人も登拝客さんたちとすれ違ったのに

その場所に私が付いた瞬間

誰もいませんでした。

 

 

 

 

あぁ、ここで歌えって事なんだな

とその瞬間思い

『ひふみ祝詞』

を歌います。

 

 

 

歌い出した瞬間

大量の鳥の鳴き声がして

風がワサーワサーと吹きあげます。。。

 

 

それまで殆ど鳥の声は聞こえなかったのに

猛烈に鳴いてくれます。

 

 

太陽のライトが

時折雲に隠れ暗くなったり明るくなったり

歌に合わせて光が変わります。

 

 

喜んで頂いているんだなと実感し

また涙が溢れます。

 

 

 

泣きながら歌い終わると

太陽が雲に隠れて

スポットライトがすうっと消えました。

 

 

 

出来すぎているでしょう?

 

 

 

私もそう思いました。

 

 

出来すぎていて

笑っちゃったくらい。

 

 

 

でも、これ

実際に実感すると

 

通じてる瞬間

自分のエゴさんの邪魔が入っていない瞬間って

こうなんだな

 

 

って分かるんです。

 

 

 

神さまへの捧げものステージを

終えた私は

元気一杯です!

 

 

 

「そうか!やっぱりこの世界は愛しかないんだ!!」

 

 

とずーっとブツブツ言いながら登ります。

 

 

変態です(笑)

 

 

 

でも嬉しくて仕方がなかったのです。

 

 

ずっと知ってはいた事

でも恥ずかしくて人には言えなかった事

誰とも分かち合えなかった事

 

 

 

それがやっぱり事実で

私にとっては本当だったんだと分かったのです。

 

 

身を以て分かった喜びで満ち溢れていました。

 

 

 

 

そこから暫くして

漸く高宮神社に辿り着きました。

 

 

 

神さまはとてもお優しいお声で

女性のような気配を感じました。

 

 

色味でいうと淡い桃色。

絹の羽衣のようにふんわりと包んでくれます。

 

 

沢山のお優しいお言葉をかけてくださいます。

 

 

幸せでした。

 

 

 

本当に心から幸せでした。

 

 

 

ずっと降りたくなかったし

住みたいくらいでした。

 

 

本当に素晴らしい場所で

一切の汚れがなく

空気に滞りが全く無くて

最高の温度の温泉に浸かっているような

 

そんな気分でした。

 

 

 

神さまに、登拝のことを書いていいという許可を頂き

 

二人の秘密の約束をして

 

 

その場を泣く泣く離れました。

 

 

身体がボロボロだったからです(笑)

 

 

 

下山は本当に辛かった。

足がずーっとブルブル震えて

 

参拝出来た安心感からか

足の痛みが復活して

使えない足を杖で補うも右手が使い物にならなくなり

私はなぜ杖を二本借りなかったのかー!

 

という後悔だけが心を覆っていました。

 

 

 

下りでは

 

悟れません…(私調べ)

 

 

 

 

もうほんとうに辛くて辛くて辛すぎて

 

「助けてー!!ジーニー!!」

 

 

と心で叫びました。

(ジーニーの又の名を宇宙や神さまと言います)

 

 

何分か前に仏のような心だった私が嘘のようです。

 

情けなし(笑)

 

 

 

すると登拝客のおばさまにお声をかけられます。

 

 

「裸足痛いでしょう?」

 

 

 

はいー(T ^ T)痛いですー(T ^ T)

と答える私。

 

 

聞けばその方裸足で登拝した時に

右足の親指の爪が全部剥がれてしまったのだそうです。

 

 

私の爪はまだありますー(T ^ T)

よかったですー(T ^ T)

 

 

と一頻り話したら

凄く楽になっていました。

 

 

いや、足は痛いんだけど

「痛いです」と言えない空気の中で

話を聞いてもらったことがありがたかったのです。

 

 

やるなぁ、ジーニー。

凄いなぁー。

流石、伊達に青いだけないぜ(?)

 

 

 

と思いながら

爪を失わないように注意しながら歩き続け

ようやく

 

無事帰還!!

 

 

 

でも入口が近付くにつれて

いつものような思考に覆われていくのが

悲しくて悲しくて

 

 

降りたくないよー

いつもの感覚に戻りたくないよー

 

 

と思いました。

 

 

でも帰還して、足洗い場で足を洗わせて頂いて

靴下と靴を履いた温かさは

本当に最高でした。

 

 

人類の知恵サイコー!って思いました(笑)

 

 

靴を履き、荷物をまとめていると

先程とは別のおばさまにお声掛け頂きます。

 

 

「裸足で登拝どうだった?」

 

 

 

めちゃめちゃ痛かったですー(T ^ T)

すんごいしんどかったですー(T ^ T)

 

でも本当に素晴らしくありがたい経験をさせて頂きましたー(T ^ T)

 

 

とお伝えします。

 

 

聞くとそのおばさまは足が悪く

いつも登拝したいと思いながら諦めてしまうとの事。

 

 

私は先程の経験と、山中ですれ違ったおばさまに教わった知識のありったけを伝え

 

杖は二本借りた方がいいです!!

 

と力説し

 

絶対登られた方がいいと思います!!

 

 

と鼻息荒くお伝えしました。

 

余計なお世話かなぁと思いながらも

それくらい

素晴らしい体験だったのです。

 

 

ひとり旅だったので

感想やいかに自分が頑張ったか(笑)を

伝える人がいなかったのに

 

そのおばさまのお陰で

お褒めも頂き

 

ジーニーやるなぁと

再び思ったのでした(笑)

 

 

おばさまと神社の方にお礼を告げて

その場を後にします。

 

 

 

 

震える足を引き連れ

展望場所に呼ばれ撮った写真。

 

f:id:chihiro9:20170521182920j:image

 

 

美しかったです…

 

本当にありがたい経験でした。

 

 

この世界は

本当は愛しかないんだって

腑に落ちました。

 

 

だから解決しない問題はない

はずなんです。

 

 

みんなが怖れを手放して

喜びと愛にフォーカスすれば

地球は天国になります。

 

 

三輪山から帰ってきてから

街にゴミが落ちているのを見ると

自分が汚されたような

そんな気分になるんです。

 

 

綺麗事みたいだけど

本当なんです。

 

 

 

全部繋がってるって

全員が分かったら

地球をこれ以上いじめる人は

いないはずです。

 

 

でも私一人で地球の全員に伝えるのは無理だし

私が死ぬまでに全員が知るのも

難しいと思います。

 

 

だけど

私が愛を体現することは出来ると

思います。

 

 

もちろん時には怒るし、悲しむし

罵詈雑言吐くこともあると思います。

 

 

 

でも基本が『怖れ』で出来てるかと

『愛』で出来てるかでは

 

雲泥の差になると信じています。

 

 

私が特別な訳ではありません。

信者を作りたい訳では全くありません(笑)

 

 

もっと言えば

 

 

全員が特別です。

 

 

だから

まぁ

大丈夫なのよっ!

 

 

 

 

ってことですよっ!

 

 

 

 

はい!

今ズコーっとこけてくれた人

最高です(笑)

 

 

シャバ(笑)に戻ってきたら

怖れも不安も今まで通り生まれます。

 

 

 

お主もまだまだ小物よのう。

と

もう一人の自分が突っ込みます。

 

 

でも、1回本当の世界を見たので
安心してます。

 

 

だからこれからは

愛を体現するチャレンジを続けていきたいなと思っています。

 

幸せなチャレンジです♡

 

 

 

 

明日にもう少し続きます。

奈良こぼれ話小噺。

 

 

またよろしければ遊びに来ておくれやすー(о´∀`о)

 

 

あっ三輪山ステージで歌った『ひふみ祝詞』

以前に撮ったものですがこちらです。

ひふみ祝詞 - YouTube

 

良かったら聞いてみてください♡

 

 

 

********************

 

今回登場したジーニーの話を教えてくれた魔法使いの先輩、舞香ちゃんのビッグイベントが6/20に行われます。
 
舞香ちゃんは本当にエネルギーが素晴らしくて、本当に素敵です♡♡
成功体験されている方に触れると
成功が早まりますので
ぜひチェックしてみてくださいね♡♡
舞香の魔法Live〜あなたの夢叶えますスペシャル〜 | Peatix

 

 

それでは今日も最後までお読み頂き

ありがとうございました♡♡

 

 

愛と光を込めて🙏✨