Melemedy

すきなときに すきなことを すきなだけ

氷川の神さまの集い その2

 

 

みなさまこんばんわ☆

Melemedyのちひろです(•ө•)♡ 

 

 

 

 

 

 

今日は昨日の続きを書いていこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

べらんめぇお稲荷さまを後にし、河川敷の遊歩道に向かおうとしたときに、

頭の中に近くの庚申さまの石碑が浮かびます。

 

 

 

ここはまだ誰もアテンドしたことがない場所だったので、ちょっとためらったのですが、ビジョンは消えないので、お二人をお連れします。

 

 

 

 

 

 

 

私が

「駅に行くときに、私はここの庚申さまにお参りして、さっきのお稲荷さまにお参りするんです。でも今日はなんだかお二人をお連れした方がよいような感じがして…」とお伝えすると、まこさんが

 

 

 

 

「うんうん。地元の人は、庚申さま→お稲荷さまで、訪問者はお稲荷さま→庚申さまの順番にお参りするのがいいそうだよ♡」

 

 

 

 

 

と教えて下さるのです。

 

 

 

 

 

 

ほーえーーーーーー。。。˚▱˚

 

 

 

 

 

 

 

そういうのがあるんですねぇー

そしてたまたま私は合っていたんですねぇー。よかったー٩(ˊᗜˋ*)و

 

 

 

 

 

 

 

いや、きっとたまたまじゃないし、毎日お参りできるわけではないけど、行ける時はやっぱりお参りしたほうがいいなぁと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

そしてまこさんが「あと、この後雨が降るって」と仰る。

 

 

 

 

 

 

 

え!!まこさん天気も予知できるんですか!!

と私が驚きつつ、「傘持ってきてないーーー」と嘆くと間髪入れず

 

 

 

 

 

 

 

「今回の雨は当たって浄化したほうがいい雨。それにそんなに濡れるほどは降らさないって言ってるよ♡」

 

 

 

 

 

 

とのこと。

 

 

 

 

 

 

まーじーでー!!この人なにもんなのーーーーー!!!!!!

 

 

 

 

ってこっそり思ってましたけど、たぶん見抜かれてたと思いますw

 

 

 

 

 

まこさん曰く、昔は浄化のために傘はささなかったのだそうです。

雨に濡れないと、自分の穢れを溜め込むことになるから、傘を差さずに濡れるそうです。

 

 

 

 

 

 

私は濡れると風邪ひくので、傘さしますけどねっ!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

そして庚申さまのお参りを終え、河川敷の遊歩道を歩きます。

氷川神社の側には湧き水の湧いている川があって、それがこの河川敷にも流れ込んでいるので、とても綺麗なんです。カッパのアニメーション映画の舞台になるくらい(笑)

 

 

 

 

 

 

 

ただ、その日はペットボトルのごみが川に落ちていて、ががんとなりました。

 

 

 

 

 

せっかくお二人を案内しているのに、なんか見せたくなかったな…

と思った瞬間まこさんが

 

 

 

 

 

 

「あぁいうゴミがあるのも必然なんだよ。あぁいうのを見て悲しくなるでしょ?そうするとそれを見て自分はごみを捨てない様にしようって思えるでしょ?

だからね、あれも必然なの。

 

 

 

争いも一緒。戦争や戦を体験することでしか分からなかったこともあるの。

だからそれも必然。そこから何を学ぶかなの。」

 

 

 

 

 

と仰られる。

 

 

 

 

 

 

あぁ…もうこの人はエスパーなんだ…。

エスパーに違いない…。

まこさんの事を書き始めると、電子機器の調子が悪くなる今ナウ、これもエスパーゆえの力なんだ…と思いながら(最後のちょっと違う)

 

 

 

 

 

今回のアテンド旅で一番印象に残っている言葉がこの言葉でした。

 

 

 

 

 

 

戦争を私は求めないし、戦も嫌いです。

中学の時も縄文時代の勉強が終わってから、戦ばかりの歴史には、とんと興味が持てず、人の命を奪って作り上げていった文明に、私はがっかりしていました。

ずっとずっとがっかりしていました。

 

 

 

 

 

 

 

でも、まこさん曰く、

それも必然なのだそうです。

 

 

 

 

 

もちろん、やたらめったら乱暴に争う必要はないと思います。

大事なものを守るため以外には剣は抜かない方がいいと思います(銀魂見過ぎ)

 

 

 

 

 

 

でも、なぜ争ってまで勝ち取りたかったのか、

 

 

 

それを考えることは今後の平和に役に立つのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

って頭ではわかっていても全っっっっっっっっっっ然戦争に賛同できませんけどねっ

!!ゲームや映画の中だけで十分だと思いますけどねっっ!!!(òロó)

 

 

 

 

 

 

でもなんだか、まこさんの言葉に胸が詰まったのでした。

なんだか、涙が出そうになったのでした。

 

 

 

 

 

 

スピリチュアル的に、人は350回以上転生をして生きているらしいのです。

時間軸はこの三次元の世界でのみ活用できているので、

 

 

350×80歳とかではなく(笑)今生きている世界と同時進行で私たちの魂は何人もの人生を生きているそうなのです。

 

 

 

 

 

 

もしそうであるならば、いいことも悪いことも一通りやらかしている訳で、

 

 

 

 

だから、

いまここで生きているという事は

どういうことだろね?

どうしたいかね?という事を私はどうしても考えてしまうのでありまする。

 

 

 

 

 

 

 

争いが嫌いで、

もちろん実際戦争の経験はなくて、

 

 

 

でもそれでも、戦争の話や、歴史の戦の話を見聞きすると、ぐぐっと胸が苦しくなるのだろう。

 

 

 

 

 

それはきっとどこかで経験してきた古傷がうずくんじゃないのかね。

っとそんな風に思ってしまうので、まこさんの言葉に、私は何となく許されたような気持ちがしたのでしたとさ。

 

 

 

あの戦も仕方なかったのだよと言われた気持ちがしたのでしたとさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてまたも大きな桜の木にお二人が足を止めます。

 

 

 

この桜の木は、私が小さいころから、この河川敷のアイドルのようで、

特に今年の桜の時期には、沢山の人が写真を撮っている様子を私は見ていて、

 

 

 

 

アイドルやねぇ…なんかもう、すごい鼻高々だねぇ…と自分がひっそり応援していたアイドルがいつの間にかメジャーデビューしてて、イケメン青年実業家と結婚してなんか凄い上から目線で勝ち組感出してインタビューしてるような気持ちを感じていたので(どんなだ。そして長い)

 

 

 

 

 

 

私は別段そんなに好きな木じゃなかったのです。なんか、華やかに対する僻みが出てね…。

 

 

 

 

 

ただ、これは4月末の出来事で、他の桜の木には全く花が咲いていなかったのに、その桜の枝の先の先に、一か所桜の花が残っているのをみんなで見つけました。

 

 

 

 

他の花はとっくに落ちて葉っぱだらけになっていたので、スポットライトが当たったようにとても目立っていたのでした。

 

 

 

 

 

そしてまこさんが「ちゃんと花残しておいたんだから、ちゃんと撮っていきなさいって言ってるよ(笑)」と。

 

 

 

 

 

えーーーーーー!!!どゆことーーーーーー!!!!????

 

 

 

 

と思いつつ写真を撮りました。

 

f:id:chihiro9:20180605142559j:image

 

 

 

 

 

可愛い…♡♡

 

 

 

 

そして、自然界からはこういうのがご褒美としてくるみたいです。

華やかさに僻み出してすみまそん…!!

 

 

青年実業家とお幸せに…!!!(違)

 

 

 

 

 

 

 

自然が今回の出会いを受け入れてくれているような…そんなご褒美。。。

ありがたく頂戴いたしました。

 

 

 

 

 

 

そして、ようやっと氷川神社にたどり着き、さらに素敵な方々との出会いがあるのですが、キリがいいので続きは次回に!(えー)

 

 

 

 

 

 

 

***
こころとからだを調律する Melemedy tuning sessionは→ http://chihiro9.hatenablog.com/entry/2058/07/08/060042

 

 

七夕瞑想会も行いますのでぜひぜひ♡♡→http://chihiro9.hatenablog.com/entry/2018/05/29/175728

 

 

 

 

twitter→@MekealohaMele
Instagram→@chihiro_melemedy もよろしくお願いします٩(ˊᗜˋ*)و

 

 

 

 

 

それでは今日も最後までお読み頂きありがとうございましたございました♡

 

 

愛と光を込めて込めて🙏✨💕