Melemedy

すきなときに すきなことを すきなだけ

アレクサンダー反抗期

 

 

みなさまこんばんわ♡

Melemedyのちひろです(•ө•)♡ 

 

 

 

 

 

 

そうそう、Instagramの方には書いたんですけど、先日わたくし誕生日でして。

いつの間にやらまた一つ歳を取ってしまいましたよょょ。。

 

 

でも、何だか、本当に年齢ってただの数字だなって思います。負け惜しみじゃないですよっ!w

 

 

 

ただ…ほんとこんなに何にも感慨のない誕生日が来るとは全く思ってなんだよ。。。自分の誕生日大好きだったのに…。。。

 

 

 

 

 

 

まぁいいです!誕生日以外も楽しく過ごしているって事だとします(適当)

 

 

 

 

 

 

 

 

んで、今日からBODY CHANCEの合宿話を書こうと思ってたんですけど、

 

 

 

 

 

あっ!これ合宿前に起こったやつだった!!

 

 

 

 

 

という思ひでがあるのでwそれを先に書こうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは合宿前に、Gregというオーストラリアから来た先生の授業で起こったことでした。

 

 

 

 

 

 

私はGregのクラスのだいぶ前、半年前位からアレクサンダーテクニーク反抗期を迎えていました。

 

 

 

 

というのも、アレクサンダーテクニークを学んで、体の設計図通りに動けるようになってくると、それまで自分が培ってきた習慣や癖がことごとく減っていくわけです。

 

 

 

 

 

でも、その癖って、元々は自分を守るために身に着けていたものとかもある訳です。

 

 

 

 

 

みなさんもやってみてほしいんですけど、何かちょっと嘘をついてほしいんです。

 

 

 

そんなに大げさなことでなくても、その場の空気を悪くしない様に話の流れに乗って自分の気持ちをなんとなく誤魔化したり、ちょっとしたおべっかを使う事ってあるじゃないですか。

 

 

 

 

 

 

その花柄のシャツに花柄のパンツはとっても奇抜だなぁと思いつつ「その服素敵ね♡」と言ったり、別にそんなに好きでもない上司に「仕事早くて本当に尊敬してます!」と言うじゃないですか。

 

 

 

 

 

あっ!私の話じゃないですよっ!!(笑)

素敵だと思ったから言ってるし、尊敬しているからそう言うんですよ!!(弁解っぽい)

 

 

 

 

 

 

 

まぁとにかく何でもいいんですけど、自分の気持ちと裏腹なことをしたり、言ったりする時って微細に体が硬くなるの感じますかね?

 

 

まぁ中々感じにくいんですけどねっ!微細ですからっ!

 

 

 

 

 

 

でも、アレクサンダーテクニークを学んでいくと、それがやりにくくなるんですよね。無駄に力を入れたことに気付きやすくなるし、頭と脊椎の関係性を考えると単純に余計な力が入らなくなるので、嘘がつきにくくなるんです。

 

 

 

 

 

体を硬くしない方が心地よいから。

心地よさに気づいているから。

 

 

 

 

 

 

でも、このエマージェンシーで硬くする癖は、自分にとってはとても愛着のある、拠り所な訳です。自分を守るために出来た癖なので、強い訳です。

 

 

 

 

そして、ありがたいが困ったことに、この癖をそのまま持っててもいいよってBody Chanceではどの先生もいう訳です。

 

 

 

 

 

『だから、この癖を持ち続けるも、手放すも、君次第でいいんだよ♡』

 

 

 

 

 

 

って言われるわけです。

惚れてまうやろーー!って笑顔で男性の先生も女性の先生も言うわけです。

 

 

 

 

 

 

 

つまり、自分で選んで決めるしかないんです。自分で決めたことって責任が自分にしかないから、結構しんどいんですよね。人のせいにできないから。

 

 

 

 

ただ、癖との決別って中々一筋縄ではいきません。

 

 

 

 

 

 

『今まではさ!こうやってさ!それでさ!なんとか誤魔化してたんだよ!うまくいってたんだよ!!うまくいかせてたんだよ!頑張ってきたんだよ!!っていうかアレクサンダーテクニークって何なんだよ!!

頭と脊椎の関係性って何なんだよ!脊椎ってどこだよ!見えないよ!感じられないよ!!むきゃー!!!!!!!!!』

 

 

 

 

 

 

みたいなことをぐるんぐるん考えてしまう日々が来たのでした。

 

 

 

 

 

『アレクサンダー反抗期』(命名 塚田ちひろ)

 

 

 

『アレクサンダーテクニークによって自分の体と心が快適になった経験をしてしまったから、このメソッドを否定は出来ない…

でも、今までの自分を全部丸っとやり直すなんてしんどすぎる!!

今まで頑張って無理して無茶して、それでも何とかやってきたのに!それを手放せですってーーーーーー!!!!むっきーーーーーー!!!!!!』

みたいなw

 

 

 

 

でも、誰もそんなこと言ってない訳です(笑)

 

 

 

 

自分で気付いている訳です。

新しい体験をしてしまった以上、今までと全く同じではいられないという事を。

 

 

 

 

 

でも、それがぐわんぐわんと渦巻いて、何だかわからない怒りが、フラストレーションが巻き起こっていて、むひー!!とふてくされていた所にGreg来日です。

 

 

 

 

 

 

「せっかくGregのクラス受けられるし、まぁ今日はアクティビティ無しで、みんなの見てよっ」と何故かふてくされながらBody Chanceに行きました。

 

 

 

 

 

 

そこで待っていたのはすらりとした男性。Greg。くねくね動いて奇妙な体操をしています。

 

 

 

 

おーーーー!!また個性的な人キターーー!!!˚▱˚と思いつつ、面白がって一緒にGreg体操。そしてGregの持ってきてくれたアクティビティをしたり、ほかの生徒さんのアクティビティを見ていました。

 

 

 

 

これがBody Chance七不思議(そんなのない)の一つで、本当に不思議なんですけど、

アクティビティをやるつもりはないのに、必要な時って先生が振ってくれるんですよね。きっと感じてくれているんだろうなぁーーー。

 

 

 

 

 

Gregに

 

「きみはアクティビティしないの?(^^)」

 

 

と終盤で促されました。

 

 

 

そして、促されるとノーと言えない日本人の私。

 

 

 

 

 

戸惑いながら立ち上がります。

 

 

 

 

 

本当に見るだけのつもりで(それもあり)何の準備していなかったので、ずっと言えずに我慢していた思いがするりと口からこぼれました。

 

 

 

 

 

 

「あの…頭が動いて体全体が付いてくるっていう意味がもうよく分からなくなっちゃったんです…」

 

 

 

 

 

ここまで言うと、もう目頭が熱くなって、ボロボロ涙がこぼれます。

 

 

 

 

 

なんで泣いているのかもよく分からないのですが、今思えば、

 

 

 

『分からないことを分からない』

 

 

 

 

と言わなかった、言えなかった苦しみが涙になって出たのだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

ここで補足なのですが、Body Chanceは何でも聞いて大丈夫な場所なのです。

誰も咎めないし叱らない。とても安全に安心して学べる場所なのです。

 

 

 

 

 

 

でも、それでも、それが頭では十分分かっていても、

 

 

 

 

 

『分からない』

 

 

 

 

 

 

という事が怖かったのです。

そしてこれはまだこの時だけでは解消されなかったんだけどwそれはまた別の話で。

 

 

 

 

 

 

 

で、話を戻して、

 

 

 

 

恐らく涙でぐちゃぐちゃになっていたであろう私の泣き顔を見ても、Gregはとても紳士な笑顔で

 

 

 

 

 

 

「いい質問だね(^^)」

 

 

 

 

 

と言ってくれました。

 

 

 

 

 

 

 

惚れてまうやろーーーーーー!!!!とは思ってませんがw

その笑顔に私は心から安心したのです。

 

 

 

 

 

 

 

そしてGregは、

「今から僕がきみの周りをまわるけど、頭も体も動かさないで僕を見続けてね」と言い、Gregが私の周りをぐるぐる回ります。

 

 

 

 

 

でも目線だけで追いかけようとしても頭は動いてしまうのです。

そして、頭が動くと体も動いてしまうのです。

 

 

 

 

 

「動いちゃダメって言ったじゃな〜いw

わかったかな?目線が動くだけで、頭がと体は動くよね?」

 

 

 

 

とGregは言い

 

 

 

 

「ほらっ!きみの頭と体は動いているから大丈夫!もう出来てるよ!」

 

 

 

 

 

 

 

と惚れてまうやろスマイルをかまされるのでした(そんなのない)

 

 

 

 

 

 

 

惚れてまうやろーーーーー!!!(しつこい)

 

 

 

 

 

 

いや、冗談はさて置きw

このGregのクラスのおかげで、無事私はアレクサンダー反抗期を終えました(笑)

 

 

 

 

 

 

分からなくてもいいんだよ。

でも出来てるよ!

 

 

 

 

 

って言われる事が、こんなにも安心できるなんて、なんて凄いんだっ!!

 

 

 

 

 

 

と思ったのです。

書いてて思い出しトキメキです(笑)

 

 

 

 

 

本当に凄い有意義な、いやいつもそうなんだけど、

 

 

Gregのこのクラスでの出来事は、時間にしたら10分かからない位のあっという間だったのですが、掛け替えのない、素晴らしい出来事でした。

 

 

 

 

半年くらい反抗してたのに…(笑)

10分かからず解決したよ٩̋(๑˃́ꇴ˂̀๑)

 

 

 

 

 

 

いやでも、私は、反抗期があって良かったと思ってます。

自分でうんうん考えて、それでも見つからなくて、期せずしてポロリと聞いてしまったけど、沢山悩んだからGregの言葉をすんなり受け止められたんだと思うのです。

 

 

 

 

 

だからほんと無駄はないねっ!(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

 

 

 

 

 

そして余談ですが、そのクラスが終わってから別の生徒さんに

 

 

 

 

「真面目だから頑張っちゃうんだねー(^^)」

 

 

 

 

って言われて、なんというかその人に対して何かという訳では無く、

 

 

 

“真面目(そして頑固)な自分ってつまんないのかなー”

 

 

 

って普段から思ってるから、その言葉にチクリと反応してしまったのですが、

 

 

 

 

 

 

それからだいぶ経って、アニメ『銀魂』の銀さん役の声優さんの杉田智和さんのラジオを聴いていた時に(すっかりただのファン。そして説明が長い。)

 

 

 

 

 

別の声優さんが「杉田くんって真面目だよねー」

 

 

 

 

 

 

って言われていて、それに対して杉田さんは

 

 

 

 

『じゃなきゃ今ここに居ませんよ!!』

 

 

 

 

って仰られてて、

 

 

 

なんかスコーンと抜けたのでした。

 

 

 

 

 

そっかー!真面目でいいのかー…!

 

 

 

 

 

って。

 

 

 

 

 

 

 

そして『やっぱり、必要な情報や物は力まずとも必ずやってくるんだなぁー♡』って益々腑に落ちたのでした。

 

 

 

 

 

 

なんでも興味あるものはトライするもんですね٩̋(๑˃́ꇴ˂̀๑)

 

 

 

 

 

 

 

 

とゆわけで、次回から涙の合宿編スタートです(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

 

 

 

 

 

 

***
こころとからだを調律する Melemedy tuning sessionは→ http://chihiro9.hatenablog.com/entry/2058/07/08/060042

 

 

 

 

 

それでは今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました♡

 

 

 

愛と光を込めて🙏✨💕