Melemedy

すきなときに すきなことを すきなだけ

でも治りたくなくてもいい

 

みなさまこんばんわ♡

Melemedyのちひろです(•ө•)♡ 

 

 

 

 

 

今日はちょっと合宿編をお休みして、昨日BODY CHANCEで受けたCathyのクラスでの出来事を覚書含め書いていこうかと思うのです。

 

 

 

 

 

 

Cathyはオーストラリアでアレクサンダーテクニークを教えている先生で、

Jeremyと同じ先生に教わっていました。

 

 

 

 

 

あのね、なんちゅーかね、Cathyの印象はね、シンデレラの魔法使いみたいな感じ。可愛らしいんだけど頼りがいがある感じでまるで魔法のように変化を起こすのです。

 

 

それがCathyの鍛錬の賜物って知ってるけどさっ!凄すぎて魔法使いにしたい(笑)

 

 

 

 

 

で、Cathyって何か全部お見通し感が、アレクサンダーの先生の中でも群を抜いている感じがするんです。私的に。

何やっても、何聞いてもバレバレだなぁって、思うんですよね。

 

 

 

 

Cathyは因みに日本語喋れないですけど、色んな情報を観察して核心に触れます。

 

 

 

 

そんな訳で、Cathyが今回日本にきて、もう一週間くらいたっていたんですけど、何をアクティビティに持って行ったらえーんやえーんやーあぁぁぁぁぁぁ!!!!

 

 

 

 

 

ってずっと悩んでて、でもせっかく一年に一回だし、聞きたいZE!!何か聞かないと勿体無い感じがするZE!!

 

 

 

 

って思っていたので、結構考えました。

 

 

 

 

だってね、これたぶんうちの学校の生徒さんは分かってくれる人多いと思うんですけど、「あっ!Cathyにこれ聞こうかな?」って思いついた瞬間解決することの多いこと多いこと!!

 

 

 

 

 

「Cathyにこれ聞いたら、きっとこう言うかなー。あーそっかー。ここが明確になってないから動きにくかったのかー。。あーまた聞く前に疑問なくなったわー。。。何聞こー?」

っていうループで質問が悉く消えてしまうわけ(笑)

 

 

 

想像でレッスンしてくれちゃうわけです。ほんと凄い先生なのですよ。

 

 

 

 

前のレッスンの時も、Cathyを見ていただけで解決しちゃったことがあります。

ただ見ているだけでですよ!

もう神?みたいな٩̋(๑˃́ꇴ˂̀๑)

でも一応聞いてみると更なる学びがあって、ほげー˚▱˚ってなるんで聞けば良いんですけどね!でもなんか自分の思いつかない答えが聞きたいっていう欲が出ちゃうからまた質問探しに翻弄するっていう٩̋(๑˃́ꇴ˂̀๑)

 

 

 

 

 

本当に体の設計図通り使えている人を見るだけで、見ている方の姿勢も変わるんですよーねー。

 

 

 

 

で、今回悩みに悩んで持って行ったアクティビティが

 

 

 

『身内に優しくしたい』

 

 

 

 

 

でした(笑)

 

 

 

 

 

もうここでも何度も書いてますけど、しつこくてすいません(笑)私、毎週祖母にSessionしてるんですけど、何というかお互い甘えが出るんですよね。

もう色々ね、ずるずるするし、向こうは92歳だし頑固だしで、こっちもプライドあるしで結構疲れる訳です。ぶっちゃけ楽しくないわけです。祖母は当然私をセラピストとしてではなく孫として扱うわけです。

でも私はちゃんと普段のお客さまと同様に対応したいのです。でも出来ないのでむきーってなってるわけです毎週(笑)

 

 

 

 

 

でも今書きながら『楽しくやりたかったのか!』って気付きました。

おぉ!新しき発見!!それも今度意識してみます!!

 

 

 

 

 

んで、どうしたら優しく出来るかをCathyに聞きました。

 

 

 

 

Cathyは「もう十分親切だと思うけど(^^)」って言ってくれました。

 

 

 

 

 

いやいやそれじゃ!って言おうとした瞬間

 

 

 

「おばあちゃんとあなたは人類生物学的(だったかな?)から見て繋がってるわよね?あっ!私身体という言葉の代わりにこの言葉を使っているの(^^)」

 

 

 

 

ここで補足ですが、Cathyは言葉の持つ力を凄く繊細に扱っていて、

普段私たちが何気なく使っている言葉の癖・習性みたいなものの意識を変えるようにいつも工夫しているのです。だからそのよく分からない人類生物学的みたいなことを言いだすわけです(失礼。笑)

 

 

 

 

で、私が「???」という顔をしていると、

 

 

 

「あなたとおばあちゃんは遺伝子的に繋がっているわよね?」

 

 

 

と聞かれます。

 

 

 

で、私は笑いながら「はい」という訳です。

 

 

 

 

 

続けてCathyは「役割って色々あると思うんだけど、あなたはつまり、孫という役割とセラピストという役割をその場では担っているわけよね?」と言います。

 

 

 

 

 

 

そしてCathyが自分の娘さんに母の役割と先生の役割の説明をするとき、

二つのキャップを被り変えて説明したそうです。そして、先生をやる時は必ず娘さんにもCathyの教室に来てもらったそうです。それくらい場所の力は大きいのだそう。

 

 

 

うんうん。分かる分かる。

私も今までは祖母とよくいる居間でsessionしてましたが、どうにもやりにくいのと整体の先生に「寝て腹部をやってみて」と言われたのも相まって、寝室でやるようにしてからやりやすくなりましたねー。

 

 

 

母にSessionする時にはいつも母の寝ている場所でやっていて、そこは私も使うのでやり難くいので、次母にSessionをするときは自宅のサロンでやればその問題は解決するなと思いました。

 

 

 

 

 

でも、祖母へのsessionは祖母の家に私が行くので、寝室に場所は変えたけどまるっと場所を変えるのは難しい旨を伝えると、Cathyは今度、床の木目の一部の場所を指します。

 

 

 

 

 

 

「ここからがあなたはプロのセラピストになる場所ね(^^)」

 

 

 

 

と言われ、よく分からなかったのですがw、Cathyの示す場所まで歩いていきます。

「じゃあこの場所から、自分の面倒を見ながら、『私はプロのセラピストです』と思いながら歩いてみて」と言われ、その通りに歩くと、周りで見ている人のリアクションが変わります。

 

 

 

 

 

これほんとBody Chanceあるあるというかアレクサンダーあるあるだと思うんですけど、自分では気づけない変化に周りがめっちゃ気付くっていうやつ(笑)

 

 

 

 

 

で、周りのリアクションで、あぁ変わったんだなと思ったと同時に、

 

 

 

 

『あたい、遺伝子レベルでは繋がりがある祖母に対して、繋がりを無きものとしてセラピストとお客さんの関係にしようとしていたんだ!!』

 

 

 

 

という事が雷に打たれた感じで分かったのです。

 

 

 

 

 

 

これ伝わってます??(笑)

 

 

 

 

なんというか、『祖母vs孫』という戦いの図式(戦い?)を感じないために、

『セラピストとお客さん』という図式にしたかったんですけど、

 

 

 

 

 

向こうは祖母だし私は孫な訳ですよね。

それは変えられないわけですよね(笑)

 

 

 

 

 

でもそれを『そこは無視!!』としようとしていたから、混乱してたんですねー。

 

 

 

 

 

 

私はセラピストで孫だけど、Sessionするときはセラピスト成分多めでやってみたら?って事でした。

 

 

 

 

書くとね、なんてことないですよね。うん。でも体験するととても大きな発見なのですよねー。それが面白すぎるのよねー。

 

 

 

 

で、今日祖母にSessionしてきたので、「I'm professional therapist. I'm professional therapist.」とCathyに言われたように半ば呪文のように心で唱えながら(笑)自分の面倒を見続けてSessionしたのですが、そこで分かったこと。

 

 

 

 

 

『あー治らなくてもいいんだなー!やっぱりその人はそのままで完全なんだなー!』

 

 

 

 

 

です(笑)

 

 

 

 

 

 

これもCathyが(Cathyって打つのめっちゃ早くなってきたw)よぉぉぉく言うのですが

 

 

 

 

『その人はそのままで完全』

 

 

 

 

 

っていうんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

でも、こっちとしては、そのやり方よりこっちの方がやりやすいよ?とか思うし言いたくなるじゃないですか。

 

 

 

 

 

 

でも、『まずね、その人がそのやり方をしているのには何らかの理由が必ずあるから、ジャッジじゃなくて観察なのよ。そして情報収集のために質問をするのよ。』

 

 

 

的なことをものっっっっそい何度も言われるんですけど、まだまだ慣れないです。ジャッジしたくなっちゃいます。特に身内には(笑)

 

 

 

 

わたしが今日祖母にSessionして感じたのは「わたしこそ、セラピストではなく、孫として祖母に対峙していたし、孫として、祖母に良くなってほしい、治ってほしい」って思ってたんだなーって気づいたのです。

 

 

 

 

 

でも、祖母が本当に治りたいかどうかは、もう分からないんですよ。

もし治りたいと彼女が必死ならもっと私の提案をやるでしょう?という位さまざま悉く却下する訳ですよ(ごめんなさい、これ愚痴ですね)

 

 

 

 

 

 

体に触れていると、『彼女は治る気ないなー』っていうのが何となく分かるわけです。でもそれだと私の存在意義なくない?ってずーっとしんどかったんですけど、私の望みは『お客さんの望みの手伝いをする』に変わったので、治らなくてもいいんだっていう彼女の望みの一部に今日初めて寄り添うことが出来ました。

 

 

 

凄い大きい収穫˚▱˚

 

 

 

 

 

でもその代わり、私の存在意義は『Sessionする前よりは体が楽になるように手伝う』

に設定し直しました。

 

 

 

 

 

じゃないとね!流石にね!やれないですからね!(笑)

 

 

 

 

 

治ればいい、痛みが取れればいい。

それはこっちのエゴで、

この前書いたみたいに、ロンドンにも治りたくない人はいるし(笑)私の目の前にもいる訳です٩̋(๑˃́ꇴ˂̀๑)

 

 

 

あとこれはもう愚痴なんですけどw、毎回うちの祖母が、「痛みに耐えると楽になる」って昔の小泉元首相みたいなことを言うんですけど、それが私は本当にその言葉にムカついてですね(笑)

 

 

 

 

というのもこちとら限られた時間の中で、少しでも楽にと頑張ってる訳ですよ。でもいろんな提案は悉く却下されるし、なんか痛みの正体を人のせいにしてるから治らんわけですよっ!

その怒りと苛立ちの狭間で少しでも楽にと頑張っているから、時に多少の痛みはかかってしまう事もあるんですよ。全然動かないから!指が入らないくらい筋肉が固まってるから!!(どーどー)

 

 

 

 

あっごめんなさい!取り乱しました!(©︎ダチョウ倶楽部)

 

 

 

 

 

でも、今日また祖母が小泉元首相発言したときに

 

 

 

 

「私それ言われて嬉しくないよ」と言えたわけです。

 

 

 

 

 

 

そしたらさぁ!祖母大爆笑!

 

 

 

 

なんで?こっちはずっと気を使ってずっと言えずにいたのに!思いましたが、まぁ伝わったんだと思います٩̋(๑˃́ꇴ˂̀๑)

 

 

 

そして私の積年のイライラは大爆笑される代物レベルだったのかと分かりました(笑)

 

 

 

 

 

でもこれは自分の面倒を見続け、セラピストの分量を増やしていたからこそ言えたんだとも思うのです。

言って良かったかどうかは置いておいて(笑)

 

 

 

 

 

でもまぁほんとね、面白いですよ。しんどいけど。

身内って面白い。しんどいけど(わかったから)

 

 

 

 

 

ほんとうちの二大巨頭(母と祖母)をマッサージすると、普段のお客さまは天使ですよ(๑•̀ㅂ•́)و✧ほんと素晴らしいですよ٩(ˊᗜˋ*)وすんごく楽。

だからこそ、この二大巨頭はその為の訓練であり、鍛錬でもあるんですよね、きっと。すごい上達させてもらったと思ってますもん。感謝です。

 

 

 

 

 

 

そしてまだまだ学びの旅は続くのです…

しんどいけど(わかったから!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

***
こころとからだを調律する Melemedy tuning sessionは→ http://chihiro9.hatenablog.com/entry/2058/07/08/060042

 

twitter→@MekealohaMele
Instagram→@chihiro_melemedy

 

 

もよろしくお願いします٩(ˊᗜˋ*)و

 

 

 

 

それでは今日も最後までお読み頂きありがとうございました♡

 

愛と光を込めて🙏✨💕